新座市の古本買取・古書出張買取

箱詰め・荷造り不要 新刊書から専門書・江戸時代の浮世絵まで様々なジャンルに対応! 30冊から3万冊まで買取実績があります 出張料・査定料0円 土日祝日OK・即日対応可能 手間いらずのラクラク古本買取
店主が査定

埼玉県新座市で古本買取をお考えなら松尾堂にお任せください。引越しの際にいらなくなった本•DVD•CD•ゲームやご家族が大切にしていた趣味の物•古道具•骨董など幅広く出張買取いたします。
様々な古物業者市場で売り買いしているお店をお探しでしたら、当店をご利用ください。

新座市の古本買取実績

買取実績一覧を見る

古本買取ジャンル

様々なジャンルに精通している本のプロ 店主が査定 だから幅広いジャンルの本を高価買取できます
  • 人文
  • 社会科学
  • 歴史
  • 理工書
  • 数学書
  • 物理学
  • 医学書
  • 哲学書
  • 宗教
  • 小説
  • 評論
  • エッセイ
  • 全集
  • 語学
  • 受験参考書
  • 赤本
  • 資格受験本
  • 美術書
  • 画集
  • 建築書
  • アート本
  • デザイン書
  • 茶道
  • 書道
  • 演劇
  • 映画
  • 和本
  • 江戸 明治 大正 昭和初期に発行された書籍
  • 漢籍
  • 絵本
  • 児童書
  • 写真集
  • ライトノベル
  • 経営・ビジネス書
  • 法律本
  • 経済・金融本
  • 雑誌バックナンバー 自己啓発
  • スピリチュアル
  • 占い
  • オカルト
  • 幻想文学
  • 音楽
  • スコア/ 楽譜/ 写真集
  • 同人誌
  • 少年コミック
  • 青年コミック
  • 少女コミック
  • 貸本漫画 など
古書・漫画・CD・DVD・フィギュア・切手など、様々なジャンルの買取りが可能です

買取ジャンル一覧へ

メールでのお問合せ

高く売れる古本・古書とは?

point1

新しい方が高い本と古い方が高い本があります。

例えば資格受験本や小説、実用書、ビジネス書などは新しいものほど査定価格が高くなる傾向がありますので、処分するなら早めにお売りになったほうが良いでしょう。
その反対に読んだらすぐに捨てられてしまうような雑誌などは古ければ古いほど流通量が少なくなり古書の相場としては高価に取引される傾向があります。
また、さまざまな紙もの・資料は太平洋戦争より以前のものは内容にかかわらず 「ただ古い」 というだけでそれなりに評価されてしまうことさえあるので注意が必要です。

point2

マニアックな本は高額査定が期待できます。

発行部数が多い本は言い換えれば供給量が多いという状態です。数年経ってから、その本を古本として購入したい方がどれだけいるでしょうか?
逆に、発行当時はそれほど注目されていなかった本が現在になって再評価されるということもあるのです。そのような本は市場に流通している量がレアなため価格が高止まりする傾向があります。
喉から手が出るほど欲しいという人がいる一方で、興味のない人には「なぜこのようなヘンテコな本が高いのだろう?」と首をかしげる事態が起こるのです。

買い取れない本・値段の付かない本とは?

下記に該当する本は、お値段が付かない本、買取不可となります。

買取品の説明
  • 辞書・百科事典
  • 文学全集(お引き取りは可能です)
  • 図書館リサイクル(除籍)本(お引取りはできます)
  • 海賊版/コピー品/サンプル品
  • 著しい破損・汚損などで販売することができない物

新座市で古本買取にお伺いできる地域

新座市は即日対応可能地域です!お気軽にご相談ください。

  • あたご
  • 池田
  • 石神
  • 大和田
  • 片山
  • 北野
  • 栗原
  • 新堀
  • 菅沢
  • 道場
  • 東北
  • 中野
  • 新座
  • 新塚
  • 西堀
  • 野寺
  • 野火止
  • 畑中
  • 馬場
  • 堀ノ内
  • 本多

新座市内の駅周辺も出張費無料で古書買取にお伺いいたします。

  • 新座
  • 志木

新座なら土日祝祭日や夜間・早朝の査定も当店のスケジュール次第でお受けできますのでお気軽にご相談ください。
また、リフォーム、お引っ越し前の荷物の処分、生前整理、遺品整理、コレクション・蔵書の処分などに伴う古本のお引取・買い取りも承ります。新刊本をはじめ、戦前の資料・江戸時代の古文書・昭和50年代以前の雑誌・古書なども売る事ができます。当店の強みは他店よりも引き取りできる品が多いことです。査定は古本相場に詳しい店主にお任せください。他の大手リサイクルショップ・古本屋・古書店のチェーン店などの買取り価格にご満足できなかった方は、比較検討してみてください。

新座市について

758年、新羅からの渡来人を武蔵国閑地に移住させて置いた郡・「新羅郡」→「新座郡」と改称し、市名はこの郡名に由来すると言われています。1970年11月1日市制施行により、新座市となりました。ベッドタウンとして住宅開発が進む一方、出版・物流業を中心に工場・倉庫なども多く見られます。また、金鳳山平林禅寺があります。寺域はとても広く、国指定天然記念物に指定され紅葉は有名です。木漏れ日を浴びながら、貴重な植生や歴史ある建物を眺めておよそ1時間の散歩を楽しむことができ、毎年秋が深まる頃には境内林が真っ赤に染まり、各地から多くの観光客が訪れます。市の花はコブシです。コブシは拳(こぶし)として団結にも通じ、市民の連帯感の象徴にもなるところから市の花に定められました。市の木はモミジです。平林寺境内のモミジは市民の誇りとして愛着を集めています。